今年は寒いっすねぇ~釣り日記
menu

今年は寒いっすねぇ~


この記事のコメントを読む(0件)
投稿日付:20/10/24 13:31
まだ10月後半なのに10度以下とか初めてですね・・・

ここ3年ぐらい11月ぐらいから急に寒くなってシーバスの釣果も微妙になってましたが

外気が寒すぎますねぇ~

昨夜は冬用の厚手の靴下履いてスニーカー履いてたんだけど

途中から寒さを感じて冬用の防寒ブーツに履き替えました。

昨夜は19時半~朝の5時半と長時間の釣行。

満潮が1時ぐらいで釣れ出したのが3時30分ぐらいからでした。

ボイルしたのがラインブレイクしてバレた71・2㎝サイズの個体だけで他はボイルしてなかった。

バラシた奴は鈍いボイルしてたので60㎝もないと思うぐらいのボイルでしたね。

ボイル後2バイトあるもあなかなかのらず・・・・

3回目でやっとのりましたが、珍しいラインブレイク(´・ω・`)

しかもバイトする前に飛距離が落ちてきてリーダーが短いせいかな?と思ってライン組み直したばっかりだったんだけど。

たまに橋の上の手摺にルアーが掛かったりして強引に回収して今までそれで切れたことなかったんだけど

強引に回収するときにラインに傷が入ってたようで・・・・

回収できなければ橋の上までいかないと回収できない。これがめんどくさいんですよね。

足元まで寄せて弱るまで遊んでたらいきなり・・・・パチン・・・タモまで持ってランディングしようとした瞬間・・・

この時期のシーバスの初めての70㎝前半のサイズだったのにそのサイズをバラシ・・・よく釣れてたバロールをロスト・・・

10分ぐらいへこんでたけど、その後74㎝・50㎝・68㎝の3連チャンでした。

平生側でも60アップは何匹か釣ってるけど60アップは体高もあり、丸々したナイスコンディションの個体が多いですね。

74㎝は意外とガリガリで余計長く見えました。

最後に釣った68㎝は74㎝よりも引いた気がする・・・

バラシた70アップ前半はルアーを口に咥えてるいい掛かりでしたが、他の3匹は全部下顎付近ばっかりに掛かってました。

乗った瞬間に手に伝わる感じはなんか微妙でしたね。ルアーには反応するけど、トップに出るときに比べて

控えめな出方ですね。

昨夜は平生側ではボイル1回しかなかったけど居ればタイミングさえ合えば何匹か釣れますね。

それでも釣れ出した時は明暗の境目で単発のベイトがダウンから上ってきてシーバスに追われてるのが何回か見えたので

シーバスが橋の中から出てきて明暗の境目付近にいるのがわかったのでベイトの動きを見逃さなければ釣れるタイミングを

逃すこともないですね。

ただ、昨夜やってる感じでは70アップなんて釣れる雰囲気ではなかったけどこればっかりはやって見ないとわかりませんね。

23時半~3時まではバイトが無かったので帰ろうか迷ったけど粘って良かったですね。

昨夜は潮位の変化が普段に比べて少なかったですが、それでも半分さがったぐらいからシーバスは橋の中から

何匹かは出てきますね。

昨夜は明暗の境目~30㎝流し込んだ付近で全部バイトが出ました。

普段と違って明暗の境目からそこまで流れ込まなくて50㎝以上流せなかったのですが・・・

たまにキャストミスして橋の中に撃ち込んでしまい橋の中から追いかけさせて食う感じは無かったですね。

今年は橋の中で追いかけさせて明暗付近で食うバイトはなかなか出ない。

ベイトの動きを見てシーバスが明暗の境目付近まで出てきて前がかりになってる個体をアップから流し込み

明暗の境目をテロテロ巻いてて下から飛び付かせるバイトがほとんど。

まあ・・・こっちの方が簡単だし、トップに出るのが見えるので

俺のルアーに食ったあああああってのがよく見えるので面白いですね。

釣れたっていうより釣った感もあるし・・・

普段なら10月に入れば70アップアが釣れるチャンスが増えるんだけど今年は遅いですね。

橋のど真ん中にいた奴が寄ってきたか、新しく沖から入ってきたかのどちらかなんだけど

新しく入ってきた確率の方が高そう。

最近釣れてる個体は居付きのシーバスではなく、沖から入ってきたばかりの個体ばっかりが釣れてる気がする。

体高があり、丸々してて、引きも結構強い。

沖から入ってきた個体のほうが居付きの個体よりルアーへの反応が良すぎる。

居付きの個体より素直な感じはしますね。60アップの個体は沖から入ってきた回遊タイプっぽい感じはしますね。

1時間ぐらいバイトが定期的に続けは途中エヴォルーツにに変えて釣りたいんだけど・・・

数が少ないから取り敢えずバイトが無くなるまでバロールでアタックしてくる個体を拾っていくしかない状態ですね。

昨夜は普段に比べてバイトは鈍かった。食いはいまいちでしたね。

トップまで出れば確実にセンターフックに口に掛かってるんだけど

昨夜の50㎝・68㎝・74㎝は全部下顎に掛かってるので見ればシーバスの食いの良い・悪いもわかりますね。

下顎に掛かってるのはルアーの真下まで食いに来てて掛かればすぐ反転して下に走りながら潜る。

トップに出る個体に比べてバイトが鈍く感じますね。それでもスレ掛かりにはならないけど。

口に掛かっててれば下からルアーに向かって勢いそのままトップに出るので1番やる気がある個体だとわかる。

まあ・・・どちらも上手く口を使わせた感があるので満足だけど。

今年はウェーディングする側の上げ潮のタイミングでの右側の敷石帯での釣り方・タイミングもわかったのが大きな

収穫でしたね。後は11月~12月後半までウェーディングやってランカーが釣れるかどうかですね。

シーバスが狙えない時や潮が悪い時はナイトサーフでヒラメ狙い。

ウェーディングが良さそうな時はシーバス狙い。この交互になりそうですね年内は。

シーバスは居れば釣れるんで、問題はヒラメの最初の1匹が遠いか近いかですね。

心折れずサーフを動き回って長時間できるかどうか。明かりが無く暗闇なのでなんか怖い・・・

デイは釣り人が多いんだけど、ナイトになると釣り人居ない気がする。

師匠をなんとか騙してナイトサーフ連れて行こうかと・・・

昨夜も師匠と話してたんだけど、私はヒラメが釣りたい・・・

師匠は青物が釣りたいみたいなので狙う魚は違うけど、イワシが居ればどちらも釣れる。

ただ、青物は夜狙う人いないから釣れるのかわからない。

場所によっては夜でも青物は釣れると聞いたけど・・・それでも、船で沖に出て明かりがあるところでは

夜でもナブラが起こるみたい。

聞いた話はハマチサイズだけど、寝てるハマチが近くにベイトが来たら起きて急にベイトを追い回すって聞いた。

夜でもイワシいるからと嘘ついて師匠をサーフに連れ出すかな。

今夜からは去年かったマズメの防寒来て出撃。まさか・・・10月で防寒着ないといけないとは・・・

去年この時期上はパーカー着てやってた気がするけど。
























 



この記事が気に入ったら。
いいね!しよう

この記事のコメントを読む(0件)

ヒデきちさんの他の日記を読む



まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る
つりしろをもっと見る

冬の釣りは指先が冷たい!防寒対策が実現できる新素材で出来たフィッシンググローブがあった件

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 早いものでもうすぐ師走。朝晩の寒さが本格的になってきた今日この頃です。みなさんは、冬の釣りの指先防寒対策ってどのようにしていますか? ...

理想の釣り車を作りあげろ!釣りに適した装備と空間

理想の釣り車を作り上げるこの企画。「だれでもマネできる」ことを中心に色々とやってみよう!という方向で進めたいと思います。ここでは、「新たに車を購入」してスタートしていますが、内容的には「今お持ちの車」で出来ることが中心にお伝えしています。

厳冬期のウェーディング防寒対策!防水対策もばっちりなレインジャケット

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 これからの本格的な冬シーズン。寒さ対策って気になりませんか?最強!防寒対策アイテムとしては、以前ご紹介した「電熱ベスト」。 ...

秋・冬の寒いシーズンの釣りに肌触りが最高!なフリースパーカーがあった件

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。 これから本格的に、寒いシーズンの到来です。そうなると、防寒対策が気になりますね。 ...

シーズン別シーバスルアー対策。季節ごとの考え方と攻略。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。 季節ごとに何となく同じシーバスルアーを使っていたりしませんか?または、今は釣れているけどタックルボックスの中身を変えるタイミングって分かりにくかったりしませんか?そんなシーバスアングラーへ少しでもヒントになるように1年間のシーズンごとに対策ルアーをまとめてみました。日によって違うこともあれど、基本を知っていることで対応は大きく違ってきますよ。 ...

河川でのランカーシーバスの攻略法と考え方

色々な場所でシーバスを狙っている方が多いかと思います。ここで一つ質問です。「ランカーシーバス(80cm以上)」のシーバスは、どのくらいの頻度で釣れていますか? 「一か月に1本?」。いやいや「一年に一本?」。まだ、釣ったことがない。という方も多いかと思います。 なぜ?ランカーシーバスと出会えないのか?いくつか、想像できると思います。 テクニックがない タイミングが合わない まだ、経験が浅い ...

理想の釣り部屋を手に入れろ!誰でも出来るDIY

理想の釣り部屋。誰もが憧れる空間ではないのでしょうか? それは、分かっていてもなかなかできないのが「現実」。どこで、「何を買えばいいのか?」分からないって方も多いと思います。そこで、ある意味釣り部屋に関しては「素人の私」が一から釣り部屋を作った過程を記事にまとめました。 ...

河川のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、流れの中のルアー姿勢。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。 *運河バチ抜け対策ルアーは、下記。 ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。 ...

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2020/04/12

アクセス釣り大会

公開日2020/03/23



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo