やっと10㎝有る無しのサヨリが入ってきたけども・・・釣り日記
menu

やっと10㎝有る無しのサヨリが入ってきたけども・・・


この記事のコメントを読む(0件)
投稿日付:20/07/04 16:06
昨夜ウェーディングやりましたがショートバイト1回のみの厳しい釣りでした。

たまにベイトの波紋が見えてそれに何回かトップに出てるセイゴサイズは見えたけどいやー難しかった。

ウェーディングするまでは対岸で海の状態を見ながら時間潰し。

たまたまヘッドライトで海面照らしたら単発だけど10㎝ないサイズのサヨリが・・・

待ちに待ったベイトのさよベイトのサヨリを発見しましたが・・・数が少ない・・・

それでも数匹ですがボイルしてましたが、ウェーディングやる前にロッド振ると肩が痛くなるので

ウェーディングやる時は極力入水前はロッド振らないようにしてますが、70アップのサイズ有りそうなら

少し狙ったりはするかも。

昨年は6月半ば~8月後半までは8㎝~10㎝サイズのサヨリがしばらくいて上げでも下げでもボイルタイムが

有りましたが、先々週・先週と潮が悪くメバルやってていつからサヨリが入ったのかは定かではないですが

取り敢えずは入ってきてるので少しは安心しました。

昨夜のウェーディング時でも目の前にはアップから流れてくるサヨリ、ダウンから上がってくるサヨリを確認できました。

ウェーディング終わったときに気付いて後悔したんだけど・・・なぜ、にょろにょろを持って行ってなかったのか。

まあ・・・よく釣れるブラウンパープルのカラーは6月のウェーディングで橋の中に打ち込んでた時に

橋脚にあててしまい二つに折れて殉職したんだけど、その後速攻で買いましたが飛距離を出すために

ドブ付けやらずにほったらかしてたのでまだ使えない状態。

にょろにょろ125は12gしかないのですが、3つもってる中でブラウンパープルが1番うまくどぶ付けやフックサイズを上げて

たぶん、20g有る無しの重さ。それで70mぐらい飛距離が出てると思う。シンキングだと20gが1番飛んで

アクションも楽に出せてそんなに疲れもない。ぶっ飛び君は確実に飛ぶのですがアクション入れてやってると

すぐ疲れてしまうので確実な時やバロールより飛距離を出したいとき限定で使い分けてる感じですかね最近は。

重たくなった分ルアーの動きは本来なら破綻してるのですが、それでもロッドを立てるのと、リトリーブスピードを早くすれば

レンジはトップ近くを引ける。後は小刻みに連続のトゥイッチをしたり、連続のトゥイッチからのただ巻きの繰り返しの

どちらかでシーバスが居れば反応してくれるので10g近く重たくしてもなんら問題はないですね。

このポイントでは、レーザーサヨリよりブラウンパープルへの反応が全然違う。

どちらも同じ動きでやってるのでアクションよりカラーの違いだと思うんだけど。

普段なら絶対買わないカラーなんだけど、変わったカラーなのでダメ元で試しに買ったら自分のやってるポイントでは

かなりはまったカラー。釣れ出した時は40㎝アップばっかりで釣れるには釣れるけどサイズがなぁ~と思ってたら

昨年、今年と70アップが何匹か釣れたのでバロール同様1軍ルアー。

サヨリが10㎝有る無しの時はにょろにょろがいいんだけど、秋のシーズンに入ってサヨリが20㎝に変わると

にょろにょろでは急に食わなくなったのは不思議。

サイズを上げてバロールでやると簡単に食う。サイズ小さいかもしれないんだけどにょろにょろのほうが

アクションはサヨリの動きにかなり近いと思う。サヨリの動きといっても何種類かあるんだけど

追われて頭を出しながら波紋を出す動き。元気なサヨリなら水面に波紋が見えて飛んで逃げるのですが

ルアーが水面から出るのはアウトなのでその動きはやれない。

逃げるとなればりとりリトリーブスピードを変えればいいだけ。

トゥイッチは2種類を使い分けてます。

1ロッドを立ててルアーの頭を上下に動かす動き。(潮が緩んでるときや潮どまりの時)

2もう1つはトゥイッチでケツを左右に振る動き。(激流や流れが速い時)

にょろにょろは本来バチ抜け用ルアーでただ巻きのデッドスローがメイン。

ベイトがサヨリの時にも使えるルアーですがこれもどちらかと言えばそこまでアクションさせないはず。

わたしのやってるポイントに限ってはただ巻きのデッドスローでは100%釣れないし、バイトもほとんどない。

以前はトライデントでやってましたが、よく弾かれることがあってそれが悩みでしたが

バロールやにょろにょろで代わりに釣れるので使わくなりました。

1の動きだと頭だけ水面に出てもそれが引き波を作ってくれるので頭だけ水面から出ても問題ないですね。

昨夜は雨が降ったり降ったり止んだりの繰り返しで、満潮時は風も強く、少しうねりもあったのでサヨリが沈んでたのかも

しれないけど、ウェーディング時にはベイトのサヨリの飛んで逃げる動き・動いて止まる時の波紋・明暗の境目を泳いでる

引き波が見えたので少しはサヨリが確認できたけどそれに出るシーバスが40有る無しのサイズが数匹程度。

最近はウェーディングやっても2時間前からでも潮どまり状態やダウンから潮が上がってくる状態で

下げ潮なのに橋の中から払い出される酷い有様でそれでもめげずに狙ってますが・・・厳しいですね。

橋をくぐって反対側の明暗に移動して橋の中に流してやっても全然反応無し。

昨夜は干潮30分前に諦めて対岸に行ってにょろにょろなどを投げて干潮潮止まり前の最後のいい流れの時に

バロールを投げて適当に橋の中に流しながらトゥイッチしてたら橋脚1本目の裏付近でいきなりバイトしてきたけど

合わせたら抜けちった・・・・多分50㎝前半かと思うんですが久しぶりのバラシでした。

昨夜の貴重なバイトだったのになぁ~ シーバスも食いが下手だけど・・・私も下手だった・・・

今年に入ってバロールでのバラシはなかった気がするんだけど。

田布施側と平生側の両対岸でも食いが全然違う。ウェーディングする田布施側のほうは掛かりがいい。

グラバーHi115Sやアイボーン118Fと新しいルアーで色々試してますが未だノーバイト。

アイボーンは思ってたより飛距離が出るので飛距離は十分。シャロー系のフローティングが欲しかったので

試しに買ってみたけど、このポイントだと敷石が全部出た状態だと普通のフローティングだと

ボトムにガンガンあたるので根掛かりが怖い。

グラバーHi115S重量もあるので飛距離は全然出る。ただ、純正のフックが♯2なので60㎝以下の小さいサイズは

完全に無視って感じですかね。ドラグは適当ですが65㎝以上でないとドラグが出ないようにしてるので

40アップだとドラグが出ないのでそれである程度サイズがわかりますが・・・

掛かりがいいとめっちゃ暴れるけどその割にドラグが鳴らねぇーなーっていつも文句垂れながらゴリ巻きしてる。

平生側は最近60㎝が上がってるって聞きましたが、普段ならセイゴサイズがメインで8月後半から70アップが釣れるのが

普通なんだけど、今年は意外といるんだな。平生側は5月後半~6月頭に数匹70アップが入ってくるけど

掛かりが悪くエラ洗い1回ですぐばれるので、最近は狙わなくなったけど・・・

入ってきても2週間ぐらいですぐ移動してしまうのでタイミングもかなり重要ですね。

逆にウェーディングする対岸は数が少なくても食いしん坊が居ればバロールの130mmのサイズでも

バッチリ口使ってくるので楽かな。昨夜は両対岸サヨリが確認できたけど単発で動き回ってる感じですね。

群れでいれくれれば確実にボイルが始まるんだろうけど・・・・

昨夜は反応がなさ過ぎて普段なら橋脚2本目までしか狙わないんですが

最後のほうは2本目よりも飛ばしてみたけど全然でしたね。バロールでしか2本目越せないんだけどね。

昨夜は激流の中バロールで広範囲探ったけどショートバイト1回のみ。

ルアーに何かがちょっと触れた瞬間に橋の中でトップに出たのが聞こえたので60㎝以上はあるサイズでしたが

間違いなくルアーに出たと思うんだけど食いが下手な奴でした。合わせる前に逃げられました。

食いに来たというよりはちょっかい出したって感じですかね。

ウェーディングしてると間近でベイトが見れるのでルアーの動きの勉強にはなりますね。

上流から流れてくる奴もいれば干潮前なのにダウンから上ってくる奴と様々ですが・・・

しばらく雨が降ったり止んだりの繰り返しの日が続くのでベイトのサヨリの数はあんまり期待できないけど

いないよりはましなのかな。まあ・・・まずはポイントにいるベイトが何かすぐ判断できるかなんだけど。

何年か通ってればその時期にいるベイトは簡単に予想つくけどね。

射程圏内ならマッチザベイトでやるんだけど、飛距離重視になるとマッチザベイト無視だけど。

秋までに70アップ10本は釣りたいと思ってたんだけど、なかなか厳しいですね。

今のところ65㎝~84㎝が5本だけ・・・ランカーが釣れてるのはいいんだけど・・・・

ウェーディングでもなかなか厳しい。数が少ないのとタイミングが悪い日にあたってるのかな?

それでもめげずにメバリング以外の日で下げ潮から干潮まで暗いうちにできる日は海に入ってるんですけどね。

上げ潮しかできない日はシーバス以外か普段いかないポイント行って海の状態見てるんだけど。











 



この記事が気に入ったら。
いいね!しよう

この記事のコメントを読む(0件)

ヒデきちさんの他の日記を読む



まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る
つりしろをもっと見る

河川でのランカーシーバスの攻略法と考え方

色々な場所でシーバスを狙っている方が多いかと思います。ここで一つ質問です。「ランカーシーバス(80cm以上)」のシーバスは、どのくらいの頻度で釣れていますか? 「一か月に1本?」。いやいや「一年に一本?」。まだ、釣ったことがない。という方も多いかと思います。 なぜ?ランカーシーバスと出会えないのか?いくつか、想像できると思います。 テクニックがない タイミングが合わない まだ、経験が浅い ...

コスパ最強!自分のリールを手軽にカスタムできるゴメクサス特集!

あなたは、ゴメクサス知っていますか? 知っている人も知らない人もいるかもしれませんが、ここ2・3年で有名になったコスパ重視のリールパーツを出しているメーカーが「ゴメクサス」。 いままで、「コスパ重視」で発売されているカスタムパーツは、「品質等に難」がありました。正直自分のリールに付けるなんて、考えることもできない感じ。 ...

理想の釣り部屋を手に入れろ!誰でも出来るDIY

理想の釣り部屋。誰もが憧れる空間ではないのでしょうか? それは、分かっていてもなかなかできないのが「現実」。どこで、「何を買えばいいのか?」分からないって方も多いと思います。そこで、ある意味釣り部屋に関しては「素人の私」が一から釣り部屋を作った過程を記事にまとめました。 ...

釣果が劇的に変わる夏シーバス対策!確率を向上させる2つの重要な戦略

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。 意外と苦手な意識もある方が多い、夏のシーバス。季節的には、「6月~9月」ぐらいだろう。 夏のシーバス釣りで思うように釣果が上げられず、困っているあなた! これを読めば、「圧倒的に夏にシーバスが釣れる釣り人」になれます。 最初に大切な事実を一つお伝えします。 それは、夏にシーバスが釣れる人は「めっちゃ!ランガン」をしています。 ...

あなたの知らない!?春シーバス攻略方法!釣れるポイント・ルアー備えたすべての対策公開

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。 冬が終わり温かくなり始める今日この頃。 ランカーシーバスは、産卵から今までのフィールドへ戻り活発に「捕食活動」をするのが、そう「春」。 実は簡単そうで一番難しいのが「春」。春シーズンは、おおよそ「3月~6月」。 攻略するために「Youtube」などの動画を見ている人も多いかもしれないが、それで「釣れるように」なりましたか? ...

河川のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、流れの中のルアー姿勢。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。 *運河バチ抜け対策ルアーは、下記。 ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。 ...

運河のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、レンジとサイズと引き波の角度

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。 ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。 *河川バチ抜け対策ルアーは、下記。 ...

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2020/04/12

アクセス釣り大会

公開日2020/03/23



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo