昨夜も前日のポイントに行きましたが・・・釣り日記
menu

昨夜も前日のポイントに行きましたが・・・


この記事のコメントを読む(0件)
投稿日付:20/03/22 16:58
昨夜は連休ということもあり場所取りの為に18時とまだ明るい時間から出撃。
意外と釣り人多かったですが、漁港入り口の先端の外側テトラは運よく誰も入ってなかった。
途中知り合いの人に会ったのですが、その人もメバルですが餌での釣行。
沖家室島でメバルが狙えるか試すとのこと。普段ならこの時期は藻がびっしりで釣りにならい状態みたいですが
私の入りたいポイントがダメなら沖家室についてい行こうとしましたがお互い単独釣行に・・・

帰りに寄るとのことでしたが22時過ぎに沖家室から私のポイントに寄ってくれて話聞いたら
藻は水温の関係か全然伸びてなくて釣りは余裕で出来たそうだけど・・・
私のポイントよりメバルが小さいみたいでした。

私はと言えば最初はフロートでマズメ狙いでやると全然ダメ。
私のポイントの後ろの堤防挟んで内側に餌釣りのおじさんがいましたが 
まだ空が薄っすら明るい状態でメバルは7匹ぐらい釣れたけど
1匹は23㎝であとは15㎝~18㎝ばっかり。

フロート・プラグでやるも心が折れて坊主逃れのジグ単でやるとすぐきましたが
15㎝~18㎝が3匹だけ。おじさんはメバルいるとのことで3匹あげた。
おじさんはアジ3匹混じってましたが、20㎝1匹に豆アジが2匹。

暗くなるとびっくりするぐらいメバルがいない。
見えるお魚は居着きのシーバス70㎝と80㎝の2匹が
テトラ沿いを巡回してるのが見えるだけ。

流石に潮が悪いからあんまり期待してなかったけど、それでもバイトが無さすぎるのも時間がたたないし飽きてくる。
プラグからジグにチェンジするとライズが始まり舐められてるんかなっていうぐらいタイミングが悪い。
めんどくさいからジグでトップ付近狙うと12㎝ぐらいのが10匹。
飽きたのでプラグでまた小さいメバルと10匹遊んで時間潰し。
干潮まで潮が悪いので上げ潮期待で釣行延長。

しばらく休憩してたら広島から来た3人組のアングラーと色々話してたら1時間ぐらい話していい暇つぶしになりました。
大島のナイトゲームはアジ狙いの人が多いからどっかに行けは釣れるんだろうけど
この時期アジの釣れる確率がありそうなポイント3か所教えてあげたけど連休なのでポイントに入れるかどうか。
3人組はアジを求めてポイント移動。

干潮前にライズが始まったのでスープラで遠投してブルー狙ってみたけど干潮前なので飛距離が出ない。
どんだけ飛ばしても40mぐらいしか飛ばない。それでも、40m飛ばして糸ふけ取らずしばらく放置。
何故なら・・・普段なら横流れなんだけど、この日は沖に流れてたのでその流れに乗せて少しルアーを
沖まで運んでもらう為・・・
ふけた糸が張ったら連続トゥイッチしてまた放置。着水で糸ふけ取ると回遊してるであろうポイントからずれるので。
10分ぐらいしたらトップ炸裂!!単発ではあるだろうけどブルーが下から飛び付いてきました。
22㎝ぐらいだけどサイズは干潮にしたらいいほうなのかな。
後ろ振り返るとしれーっと私の釣り見てるルアーマンが立ってました。

ルアーマンと目が合うと話しかけてきました。
メバルいるんですね!ってジグ単では全然ダメで・・・と話しかけられたけど。
釣りを見られてたので40m付近なら単発だけどトップで狙えると説明。
それでも、ジグ単ダメですかねって・・・アホな質問された(´・ω・`)
私も大概アホですが・・・プラグで40m飛ばしてやっとこさ釣ってる相手捕まえて
ジグ単のことは聞くなよって思いながら、ダメだろうねってしか言えない・・・
他のアングラーは釣れなくて帰ったかポイント移動したかでやってるのは私1人だけ。
ジグ単はダメですか~って消えていったけど・・・
わけわからん奴にたまに遭遇することもありますね。

ポイントによっては干潮の上げ出しからでもジグで出来るところもあるだろうけど
このポイントに限っては40m飛ばしても単発の回遊が数匹程度。
私とは逆の端のボトムで狙えるポイントも釣り人は帰っていないので干潮ではいないみたい。
やってみてなかなかあたらないけどやっと釣れたメバルが赤メバルだっら移動したほうがいいですね。
ブルーや白に赤が混じるならいいけど赤だけならブルーや白がいない証拠なので・・・
あたりがほとんどなくて、最初に釣れたメバルが赤なら場所移動のタイミングの判断にもなりますね。

あとは時期にもよるんだろうけど、釣れるメバルの種類で判断もできますね。
今は99%ブルーばっかりなので干潮付近で至近距離での20㎝以上を狙うは難しい。
昨夜は干潮前になると10m以内で12㎝前後のライズが始まりましたが飽きたのでライズ無視してたけど。
ブルーと白メバルが半々なら干潮の浅い状態でもジグ単で狙える確率はある。
ブルーの黒メバルは基本潮に乗って移動してるので30m以上の距離なら釣れる確率はある。
4月からのハイシーズンになれば白メバルも増えると思う。
白は干潮でもボトムを回遊してくるし、入ってくればその場に留まって移動しない個体もいる。
でも、ボトムが砂地で海藻がちょろちょろ程度では隠れてベイトを待ち伏せできるわけでもないので
ボトムの状態にもよる。起伏のあるポイントやびっしり生えてる藻が何個も点在してるポイントや
漁港をつくる時に余った敷石やテトラを沖に捨ててありそれが射程圏内にあるかどうか。
射程圏内に瀬があれば25㎝以上や数釣りもできるかもですね。

釣りが上手い人はその判断がすぐできる人で、過去の経験とデータで時期によってポイントの使い分けができる人でしょうね。
瀬戸内では海水温のせいでそのデータと釣りの常識があてにならなくなってますがね。
私は逆で同じポイントに通い詰めてどーしてもトップで釣るっていうタイプなので釣果のばらつきが凄いですが・・・
それでも確実にメバルが入ってくるポイントはおさえてます。
乱獲派の数釣りができないタイプだと自分でも分かってます。
スープラが使えて干潮でも飛ばせば釣れるってのが分かったからこのポイントだと長時間釣行になりそう。
私がこのポイントで釣行した日に見たルアーマンは100%ジグ単。
本命がアジでメバルが釣れればメバルと遊ぶって感じなんだろうけど。

昨夜は22㎝2匹だけお持ち帰りしてベイトの確認したら、2㎝ないぐらいのコイカ食ってました。
イカ食ってれば6.5㎝のスープラでも余裕で食ってくるわけですね。
メバリングの途中で目の前でフィッシュ系の稚魚がトップに出て逃げててそれを追ってるメバルを見かけたんだけど
何の稚魚何だろうかと思いながらやってたけど・・・
まあ・・・・このポイントもコイカ食ってるの分かったからスープラで釣れるのは納得。
1匹のメバルの中には寄生虫のフィロメトラが10匹ぐらい入ってました。
卵巣に寄生するそうですが、うねうねしてて気もち悪いです。

来週は木曜から日曜は雨の予報なので雨の中釣行の予定。
雨の釣行ではメバリング2回、シーバス1回の3回共いい釣果が出てるので楽しみではあるけど
風向きと風速次第ではすぐ帰宅もあり得ますが・・・どーなるか・・・・

光の漁港では今8㎝前後の稚鮎が入ってる。
稚鮎初めて見たんだけど2週間ぐらい居着いてる。
稚鮎食うフィッシュイーターがいないのね。
その前は10㎝ないぐらいのキビナゴガいたんだけど・・・
海も春になってきましたね。いろんなベイトが入ってきてる。
















 
 
 
 
 
 
 
 




この記事が気に入ったら。
いいね!しよう

この記事のコメントを読む(0件)

ヒデきちさんの他の日記を読む



まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る
つりしろをもっと見る

河川でのランカーシーバスの攻略法と考え方

色々な場所でシーバスを狙っている方が多いかと思います。ここで一つ質問です。「ランカーシーバス(80cm以上)」のシーバスは、どのくらいの頻度で釣れていますか? 「一か月に1本?」。いやいや「一年に一本?」。まだ、釣ったことがない。という方も多いかと思います。 なぜ?ランカーシーバスと出会えないのか?いくつか、想像できると思います。 テクニックがない タイミングが合わない まだ、経験が浅い ...

コスパ最強!自分のリールを手軽にカスタムできるゴメクサス特集!

あなたは、ゴメクサス知っていますか? 知っている人も知らない人もいるかもしれませんが、ここ2・3年で有名になったコスパ重視のリールパーツを出しているメーカーが「ゴメクサス」。 いままで、「コスパ重視」で発売されているカスタムパーツは、「品質等に難」がありました。正直自分のリールに付けるなんて、考えることもできない感じ。 ...

理想の釣り部屋を手に入れろ!誰でも出来るDIY

理想の釣り部屋。誰もが憧れる空間ではないのでしょうか? それは、分かっていてもなかなかできないのが「現実」。どこで、「何を買えばいいのか?」分からないって方も多いと思います。そこで、ある意味釣り部屋に関しては「素人の私」が一から釣り部屋を作った過程を記事にまとめました。 ...

釣果が劇的に変わる夏シーバス対策!確率を向上させる2つの重要な戦略

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。 意外と苦手な意識もある方が多い、夏のシーバス。季節的には、「6月~9月」ぐらいだろう。 夏のシーバス釣りで思うように釣果が上げられず、困っているあなた! これを読めば、「圧倒的に夏にシーバスが釣れる釣り人」になれます。 最初に大切な事実を一つお伝えします。 それは、夏にシーバスが釣れる人は「めっちゃ!ランガン」をしています。 ...

あなたの知らない!?春シーバス攻略方法!釣れるポイント・ルアー備えたすべての対策公開

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。 冬が終わり温かくなり始める今日この頃。 ランカーシーバスは、産卵から今までのフィールドへ戻り活発に「捕食活動」をするのが、そう「春」。 実は簡単そうで一番難しいのが「春」。春シーズンは、おおよそ「3月~6月」。 攻略するために「Youtube」などの動画を見ている人も多いかもしれないが、それで「釣れるように」なりましたか? ...

河川のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、流れの中のルアー姿勢。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。 *運河バチ抜け対策ルアーは、下記。 ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。 ...

運河のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、レンジとサイズと引き波の角度

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。 ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。 *河川バチ抜け対策ルアーは、下記。 ...

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2020/04/12

アクセス釣り大会

公開日2020/03/23



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo