ロックフィッシュ必殺リグ(後編)
menu


このカテゴリ記事一覧を見る

ロックフィッシュ必殺リグ(後編)


ロックフィッシュ必殺リグ(後編)
投稿日付:2005-04-08 13:53:36

 前回の続きで、今回はリグを作成したいと思います。下記の図が完成イメージになります。

完成図

製作を始める前に、以下の物を用意します。


・スイベル
・シンカー
・リーダー
・フック
・フィッシングボール
・スプリットショットシンカー
作成方法


1.リーダーをお好みのサイズにカットします。このとき2本用意してください。今回は15CMを2本用意しました。

2.1本ラインを手に取り、片方の端にスイベルをつけます。

スイベル

3.スイベルを取り付けたら、フィッシングボールをラインに通します。
フィッシングボール

4.次にシンカーを通します。シンカーを通したら、再度フィッシングボールをラインに通します。
シンカー

5.下記の写真のようにフィッシングボールでシンカーをサンドイッチした状態になります。
サンドイッチ状態

6.ラインの端にスイベルをつけます。この時、お好みのラインの長さに調整してください。シンカーの稼動範囲が変化します。

7.6でつけたスイベルの片方にもう一本のラインをつけます。

8.ラインの先端にフックを取り付けます。

フック

9.最後にお好みのルアーをフックに取り付けます。

これで完成になりますが、カスタマイズ方法がミソになります。フックを結合しているラインにスプリットショットシンカーを噛ませてルアー深度を調整します。この調整が根魚へのアピール度を決定します。あと、ルアーを浮くタイプ・ハードルアーにしてみるのも、このリグのおもしろいところです。ますますバリエーションが増えます。

完成後の動き

最後にポイントをまとめます。

ラインの長さでルアーの稼動範囲を決める。
ラインにスプリットショットシンカーを噛ませてルアー深度を調整。
ルアーを浮くタイプ・ハードルアーに変更してみる。
釣果確認済みですので、皆さんも一度試してみてはどうでしょうか?


このカテゴリ記事一覧を見る
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/07/10



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo