具体的にはどんな場所で釣れるの?(初心者編)
menu


このカテゴリ記事一覧を見る

具体的にはどんな場所で釣れるの?(初心者編)


具体的にはどんな場所で釣れるの?(初心者編)
投稿日付:2005-04-08 13:40:27

 初めにシーバスが捕食(餌を食べる)する条件を頭に入れときます。4つ大きな要素が条件であると考えます。

・水の流れがある場所。

・隠れる場所がある場所。

・流れがある場所に、流れがない(緩む)場所も混じっていること。

・過去に一度でもシーバスが釣れた実績・噂があること。

1・「水の流れがある場所」とは、簡単に想像がつく場所は「川」です。川は、絶えず流れが存在する場所です。しかし、海にも潮の流れが存在します。潮の満ち引きが深く関係し、地形にも関係します。シーバスは、流れを好む魚なので覚えておきましょう。潮の詳しい説明は次回したいと思います。

2・「隠れる場所がある場所」とは、テトラポット・橋・船・防波堤などが該当します。しかし、人の目に見える物だけが、隠れる場所ではありません。相手は、魚なので魚の目線から「隠れ家」をイメージする必要があります。あと、暗い場所をシーバスは好みます。

3・「流れがある場所に、流れがない(緩む)場所も混じっていること」とは、とても重要なことになります。1番で「シーバスは流れを好む」と説明しましたが、身を寄せる場所はその境なのです。では、どのような場所が代表的かは、2番の場所付近がそうなります。流れが障害物に当たり緩む為です。他にも色々な場所が考えられますが、この辺については次回の機会に取り上げたいと思います。

4・「過去に一度でもシーバスが釣れた実績・噂があること」とは、簡単にいうとシーバスが居るところで釣りましょう!ということです。初めは、なかなか釣れないと思いますので、少なくとも居ることは心配しないような場所でやりましょう。

4つの条件は、覚えましたか?では、ここから図を使って具体的なご説明したいと思います。

図1

上の図は、川の河口と想定します。左側に防波堤があり、沖の流れは右から左とします。

 初めに意識してほしい所は、「流れ」です。川の流れを初めに確認して、ある程度の流れがあるか?を確認します。次に、海の流れを確認します。もし、分からない場合は漂流物を目印に流れを確認してください。

 流れを確認したら、「流れ」の緩みを探します。流れの中心は速く、陸に近づくぼど弱くなります。シーバスは、流れの中心に居ることはなく、緩みの境目に居ますので円で囲った所が釣れるポイントになります。あとは、4つの条件が絡む場所を探します。多くの条件が絡むほど「釣れる」可能性は高くなります。

このような場所を探して釣り場を見つけましょう!


このカテゴリ記事一覧を見る
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/07/10



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo