冬の新島。新島のポテンシャルが上がるのは寒い時かも。
menu


このカテゴリ記事一覧を見る

冬の新島。新島のポテンシャルが上がるのは寒い時かも。


冬の新島。新島のポテンシャルが上がるのは寒い時かも。
投稿日付:2015-10-27 08:56:49

この記事は、2014年12月6~7日の釣行です。

前回の「鹿児島佐多岬」からすぐに、「新島」へとやってきました。

あっちに行ったり、こっちに行ったり懲りない私です。はい。

冬の新島は、「ヒラメ」・「マダイ」・「ヒラスズキ」の大型を狙うには絶好のシーズンです。

何ですが・・・・・冬場は「ジェット船」が出ていません。

なので「フェリー」で10時間ぐらいの船旅になりますよ。楽しいので、何時間でも乗れますが・・・

問うことで前日の12月5日 10時に「東京竹芝」を出発し、翌6日 8時過ぎぐらいに「新島」へと到着します。

その間のフェリーの楽しみ方なんですが、「基本飲みまくりです」。

今回は、海が荒れているせいもあって、完全に「船酔い」になりました。

人生初の船酔いを経験し、完全グロッキーの状態で「新島」到着です。

《12月6日》

着いたら、すぐにスーパーに買い出し。いつもの「新島ストア」です。ここで、お弁当をゲットしそのままサーフへ。

サーフに来たら、全体のベイトと潮の色を全域で確認し、よさそうな場所から狙っていきます。

今回は、海が荒れているので、フェリーが着いたすぐ横のサーフから開始します。

ここは、「間々下海岸」と呼ばれる所ですが「羽伏浦海岸」と西東で真逆になり状況が大きく違うので、どちらかがいい可能性が高いです。

あまり、「間々下海岸」でやることは少ないのですが、いい波なので狙ってみました。

波は、すごくいい感じなのですが・・・・あまりに強風です。向かい風の為、ぜんぜんルアーが飛びません。
ということで、30分で終了となり「羽伏浦海岸」が向かいます。

「間々下海岸」とは違って、完全に風裏になっていて穏やかです。

海岸の北側から南側に向かって歩きながら、探っていきます。

時間もあまりないので、テンポよく狙っていきますが、なにも反応がないですね。

気持ちが良い日光を浴びながら、歩きまくり。何も、ドラマは起こらず一日目終了。

宿に帰り、近所の居酒屋で飲みまくり。前日から懲りない私です。

《12月7日》

眠い・・・・・朝3時に起きて早速、釣りの準備を開始。

今日は、1時間は歩いて目的のポイントへと向かいます。

日の出には、間に合いたいのでそれに合わせて、タックル準備。

ちらほら、夜が明けてきたときに目的のポイントへと到着。

いざ、ポイントに着くと物凄い強風!でもいいんです。

実は、この強風を狙っていたので、ベストコンディションといえる状況です。

でも、言葉では表現しづらいくらいの強風です。

いつもですが、たくさんのルアーを持ち込んでいるんですけど、これだってルアーはほぼ決まってます。

「ima sasuke 剛力 130」を最初に投入します。

自分の場合ですが、これで狙おうと思っているルアーをはじめに投入してしまいます。

場が荒れていないうちに、信頼している物を投入したいと気持ちからです。場所がよくわからない場合は、「上~下に」レンジを下げていく釣り方をしますが、逆もあります。

潮・風ともに効いているので、ムンムンの状況で狙い始めます。

この場所は、南・北・西からの潮がぶつかる場所で、一本の砂が堆積したシャローが存在します。そこの大型魚がマズメの時間帯に入ってくるやつを狙うので、すぐ足元でヒットということも珍しくありません。

慎重に、狙っていきます。

何投かしているうちに早速ヒット!ガンガンと突っ込む感じが伝わってきます・・・・「マダイ」ですね。
がっちり合わせを入れて、早速バトルとなったのですが慎重になりすぎたのか、痛恨のフックアウト。

感触はなかなか良かったのですが・・・・・残念です。

気を取り直して、再度同じコースを狙うと・・・今度は、「ヒラメ」らしきヒット!

今度も、慎重にやり取りしますが・・・・また、痛恨のバラシです。へたっぴですね。

冷静になる為にも、フックを研ぎなおしてまた同じコースを通すと・・・またヒット!

「ヒラメ」らしき感じですが、今度はしっかりフックが掛かっているような感触。波に乗せながら無事にランディング。


サイズは、60cmぐらいですが、おいしそうなヒラメちゃんです。

まだまだ、行けそうなので同じコースを狙っていきますが、反応が無くなりました。

ちょっと、場所を移動しよさそうな場所を探していきます。

よさそうな場所とは、ルアーを投げてリトリーブしているときに、重い感じがある場所のことです。
簡単に言いますと、流れに向かってルアーが泳ぐ場所を見つけるということです。
私の場合は、サーフの場合これだけに集中しています。良い場所だと、抵抗感が半端なくありますよ。

特に潮が動いている時間帯は、この場所が絶えず動くので追いかけている感じです。

そこで新しい場所を見つけたので、早速チェック。
完全に食ってきそうな、潮の流れを感じながらリトリーブしているとヒット!

ガンガンと伝わってくるので、「マダイ」のようです。

今度はバラしたくないので、慎重にやりつつも自由にはさせない感じでやり取りします。

しかしながら、流れに魚が乗っているので、なかなか近くに寄ってこない・・・

重量感も倍加するので、一瞬とてつもない大物かと思ってしまうくらいです。

なんとか、波打ち際まで寄せましたがここから、また大変。背中は見えているが引き波に乗って一所懸命沖に走ります。

最後は、波とドラグを手で抑え、どうにか陸まで引き上げ。

ガッツリルアーを食っているので、これならバレる心配はなさそうだね。

大体60cmぐらいの綺麗な魚体の「マダイ」ちゃんでした。満足!


その後、70cmぐらいのヒラメを追加しこれを最後に、アタリは遠のきストップフィッシング。

時間的には、短時間の地合いですが、魚が全員集合!状態なので楽しさ満点です。

満足した気持ちと裏腹に、帰り道を考えると・・・・・・心が・・・・・

でも、冒険は男のロマン。新島は、冒険する楽しみが満載なので本当に、いつも楽しみなフィールドです。


このカテゴリ記事一覧を見る
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/07/10



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo