北海道ロック 小樽祝津漁港釣り日記
menu

北海道ロック 小樽祝津漁港


この記事のコメントを読む(0件)
投稿日付:18/12/03 09:26
防波堤の内海側がメバルやソイのポイントということでいくことにした。濁りなく、波も穏やか、タイミング的に潮止まりの時間だった。ポイント到着する場所は常夜灯と漁船がリンクしていて期待も膨らむ。しかし、漁船がぎゅうぎゅうに詰めてあり、投げようがない。明暗の境をトレースするが、ミニマムサイズのガヤがたまーにつれる程度。ボトムにテトラが沈んでいることが目視でき、3グラムジグヘッドだと根掛かり多発だったので、1,5グラムのジグヘッドに、グラスミノーのsのリアルベイトフィッシュで投げて投げて見る。防波堤の際をトレースするより内海に向かって垂直に投げる方がバイトある。だか、全然数取りがたのしめないため、対岸側に移動。すると、温水が流れているポイントがあった。表層にチカが、見え、期待大!ガルプswミノー2inchエメラルドシャイン。ボトムをトレースすると、やっとソイが連発。たが、どれも小さすぎ。カジカも釣れた。祝津漁港はロックフィッシュがいるが、小さいし、数も少ない漁港でした。何かの参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら。
いいね!しよう

この記事のコメントを読む(0件)

のりっぺさんの他の日記を読む



まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/12/11

アクセス釣り大会

公開日2018/11/07



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo