[北海道ロック]海水温と根魚釣り日記
menu

[北海道ロック]海水温と根魚


この記事のコメントを読む(0件)
投稿日付:18/08/09 14:18
北海道の回りには日本海、オホーツク海、太平洋と三つの海洋に面している。北海道の面白いところは緯度や経度はそんなに変わらないのに海流の関係でそれぞれ温度が違うことだ。
日本海はもう20度を越えていて、バイトが浅い。ある日の土曜日に日本海で釣りをしたときに活性の低さに驚いた。次の日の日曜にオホーツク海で釣りをしたときは活性の高さにまたまた驚いた。根魚には適水温がよく言われている。15度越えない範囲が大まかな温度だか、最近は暑い日が続いたため去年よりも海水温が高いらしい。
そんな中で自分は日本海の増毛で20度を、越えたら、メインフィールドを紋別方面に移す。なぜなら海水温が、適水温だからだ。ある意味逃げてるように聞こえるかもしれないが、活性の高い魚と戯れる楽しさは言葉に表せない。活性の低い魚に対してよく言われるのはダートの釣りがあげられるが、自分の経験上、海水温が高くなりすぎるとどんなに潮がよくても活性は低い気がする。ただそんな中でも釣り上げられる人が真のロックフィッシャーなんだろうなーと感じている。

この日記で伝えたいこと。
海水温を釣行のたびに確認するといいよということだ。気象庁のホームページに海面水温が北海道各地域ごとに記載されている。
下にURLを張るのでぜひ生かしてほしい。それはその日の釣果を考察するさいのひとつの指標になるからだ。ロックフィッシュは考えてなんぼのスポーツだと思うので、何かの参考になってくれると、ありがたい。

http://www.jma-net.go.jp/sapporo/kaiyou/engan/engan.html



この記事が気に入ったら。
いいね!しよう

この記事のコメントを読む(0件)

のりっぺさんの他の日記を読む



まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/10/03

アクセス釣り大会

公開日2018/09/04

アクセス釣り大会

公開日2018/09/02



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo