GIANT DOG-X-メガバス(レビュー・インプ)
menu

GIANT DOG-X



@プロ級アングラー
時期的にもお勧めの永遠の名作メガバス ジャイアントドッグXを少し紹介したいと思います。 まず14gのウェイトは飛距離が出ますので、 対岸ブッシュ、オーバーハング下に静かにアプローチし着水、オリザラより、垂直に近い角度で斜め浮き数秒ポーズで、ゴボッと出る事も多いのですが、それで出なければ、頭を水中に潜らせワンダイブ! そしてポーズ… これで出なければ、障害物、杭や立木等を かすめる様に計算しトレースラインを組み立て、連続犬歩き(ドッグウォーク)の始まりです。 実に素晴らしリアルなヒラ打ちスライドアクションでプレデターを誘います。 コツは始めに少しラインスラッグを作り、 少し弛んだ状態からチョンっとアクションさせます。 ライン張り張りトゥイッチは絶対NGです。 弛んだラインを軽く弾くイメージでトゥイッチを入れ素早くロッドティップを元の位置に戻す事が重要です。その時にラインが弛んだ分左右にドッグウォークします。 そこで余ったラインを巻き取ります。 文字で書くと長い様ですが、ほんの数秒の出来事です。 そして振り幅は違えど基本この動作の繰り返しで広範囲にスピーディーにドッグウォークでアクションさせて行きます。 障害物横を通すのを忘れ無いように! これのソルト版ドッグX SW言うのもありますが、ウェイトが増したのと、ソルト対応フックにソルト向きのカラーに成った位で、軽いリズミカルな動きを出すなら、フレッシュ用でも充分かと思います。 とにかくドッグウォークさせるのが、比較的イージーなトッププラグで、93年か94年かに鮎カラーが出た頃、流れの緩い武庫川上流域でボコボコに40アップ釣れました♪鯰も相当釣りました。ヘドンフラポッパー、アーボガストのジタバグ、ラッキーのサミー100、ノトスレッドペッパー等のローテーションの一角でした。 昔は川で本当トップオンリーで遊べたのに今はなかなか難しくなりました。 人多過ぎで、スレ過ぎですね。河川環境も変わりました。(苦笑) のどかな田園風景の小規模河川シャローのトップゲーム本当、静と動のメリハリが効いて楽しかったっす。 あっ言い忘れてましたが、このジャイアントドッグX、もちろんソルトで、シーバス、チヌ系、太刀魚、青物まで幅広く使えますよ。
この記事のコメントを読む(0件)






まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る
つりしろをもっと見る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2019/07/03

アクセス釣り大会

公開日2019/06/07



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo