BIOMASTER SW6000HG-SHIMANO(レビュー・インプ)
menu

BIOMASTER SW6000HG


 

    ジギングはしたいと思っていたのだが そういう機会が無いのでタックル購入には至らなかった しかし岡山出張でポイントに寄ったら シマノ製品のセールでwww 衝動買いでコルトスナイパーとバイオマスターを~ しかも自宅に配送して貰った さていつこれを使うのかなぁ って事で実釣完了 まず印象は重い(自重247g) これに合わせたバイオマスター6000hg(455g) 合計で702gの重量級 俺が持ってるシーバスタックルの倍である しかし重いっちゃ重いのだが キャストしたりリトリーブの時は その重さを感じさせないくらいバランスが良い 自分好みのバットに重心を置いたのが良かったのか 鱗付けは「サメ」だったのだがw ジギングロッドにしては柔軟な感じがした まぁ「M」だからそうなんだろうけど でもこれ以上は使いきれないな

この記事のコメントを読む(0件)






まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/05/08



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo