磯竿-OLYMPIC/昔のオリンピック他のシマノ社製(レビュー・インプ)
menu

磯竿


@常連アングラー
15年振りに魚釣りに魚釣りを再開するのに・・ 1995年正月の1/3に初購入した1994年製の昔々の OLYMPIC社製・CENTURY 若磯 PROHARD RS 磯竿/2ー54 当時で12.000円位で購入したと記憶?にリールをセットしています。 太刀魚専用他はシマノの他竿やDAIWA社製や投げ竿2本にルアーロッド2本 ・弟子が棄ててた のべ竿 を拾ってきたが組付け出来ないと私が貰いリメイクしてサビキ用竿(※竿の手元部分2ヶ所のガイドはステンレス棒を曲げて自作してタコ糸で固定)に組み換えて使用したり釣り仲間の竿(車屋自営業者の友人が宇崎日新新品で12000円購入したらしい/投げ竿2ー450使用した中古の竿が手元/下側から★2本目が踏んで壊れた竿を釣具店でメーカーに修理見積りしたら8000円/必要と言う事で私が貰い→ガイドからは一切外さずに☆マル秘テクニックで材料費は数百円☆で修理して2ー400の長さにして完成)を貰ったりしてリメイクを楽しんでおります。多分、こんな修理方法は一般的には思いつかないと思います。 私の場合は釣り関係の裏技多数有ります。発想の転換創意工夫と感性に器用差で魚釣りを☆趣味の枠を超えた技(☆地元の釣り人によく言われる)で楽しんでおります。 (笑)♪
この記事のコメントを読む(0件)






まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る
つりしろをもっと見る


よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo