スマホ時代の釣り用デジタルカメラ。釣りガールじゃなく釣りボーイだけど「CASIO EX-ZR70」を購入レビュー
menu


このカテゴリ記事一覧を見る

スマホ時代の釣り用デジタルカメラ。釣りガールじゃなく釣りボーイだけど「CASIO EX-ZR70」を購入レビュー


スマホ時代の釣り用デジタルカメラ。釣りガールじゃなく釣りボーイだけど「CASIO EX-ZR70」を購入レビュー
投稿日付:2018-04-09 09:58:25

今回ご紹介するのは、釣り用デジタルカメラ買い替えで購入した「CASIO」から発売されている「CASIO EX-ZR70」のご紹介(レビュー)です。

EX-ZR70 | HIGH SPEED | デジタルカメラ | CASIO

ハイスピードテクノロジーで写真の常識を変える、カシオのデジタルカメラに関する情報です。

皆さんは、釣りでどんなカメラを使っていますか?

多くの人は「スマホ」で撮影していると思います。

私の場合、防水機能などやグローブを装着しての撮影などの関係でコンパクトデジタルカメラを使っています。

今まで釣り専用で使っていたデジタルカメラは「リコー 防水デジタルカメラ WG-3GPS」。

アウトドア用の防塵・防水機能が付いた強固なカメラだ。

基本的に不満がなく使っていた。しかし、今回は買い換える。

本当に「リコー 防水デジタルカメラ WG-3GPS」は、釣りに適した最高のカメラであることには、今でも変わりはない。

しかし、ある2点に不満が生じ今回の買い替えとなった。

スポンサードリンク

CASIO EX-ZR70に変え替えた理由

買い換えた理由としては、2点ある。まずは、理由からご説明する。

CASIO EX-ZR70

・データをスマホにすぐに転送できない。リアルタイムでアップしたい。

・自撮りができない

上記2点が、一番の理由。一つ一つの理由を説明しましょう。

データをスマホにすぐに転送できない。リアルタイムでアップしたい。

実は、この機能に関しては「WiFi付き SDカード」を利用していたので、基本的に不満はなかった。

しかし、スマホのOSのバージョンアップに伴い、この機能が使えなくなってしまったのだ。

その為、自宅のPCで転送することしかできず、非常に手間が掛かっていた。この部分に不満が日々蓄積されていった感じだ。

特に遠征時は、この機能がないと困る。本当に不便。

自撮りができない

そう、多くのデジカメは「自撮りできない」のである。

「なら、スマホでいいんじゃない?」っていわれそうだけど、スマホの自撮りって、「フラッシュなし」なんですよね。

夜釣りで撮影することが多い為、フラッシュがないのは使い物になりません。

なんで、スマホは全面カメラにフラッシュがないのか?メーカーの皆さん盲点ですよ。

そのような経緯で、今回の購入へと至りました。

この2つの機能を備えたデジカメを探した

この2つの機能を実現するために、色々物色しました。

まずは、「防水機能」を実装しているカメラから。

釣り場で使うには、防水機能があったほうがいいのは当たり前。

なんですが、アウトドア系のデジカメって「自撮りない」です。

構造の問題なのか?アクションカムの分野なのか?自撮りできません。

(もちろん、モニターを確認しないという前提なら自撮りできます)

そこで、幅を広げてデジカメカテゴリー全体に広げていきます。

「ソニー」・「リコー」・「パナソニック」などなど。

んー。全然見当たらない。この世に実在しないのか??

と、探しているとありました!理想の機能がすべて満載のデジカメ。

その名は、「CASIO EX-ZR70」。

「スマホ転送」・「自撮り」その他も、いろいろ機能が標準でついている!

ただ、「防水機能」は搭載されていない。この部分は、あきらめた。早っ。

しかし、「CASIO EX-ZR70」ってカメラは、基本「女子向け」。僕は、バリバリの男子ですが購入していいのでしょうか?

なのでカラーはポップな感じですが、逆を考えれば「すべての機能が簡単に操作」できるように作られていると思い購入を決定。

実際に「CASIO EX-ZR70」を使ってみて

私の希望した機能については、不満もなく完璧に実現してくれた。

まずは、「写真のきれいさ」について。

実際に撮った魚の写真がこれだが、実にきれいに撮影されている。女子の自撮りにこだわった機能が満載なので、お魚ちゃんも美白効果が表れているのか?
(アップするため、画質は落としています)

CASIO EX-ZR70 サンプル

フラッシュも通常のものより、明るいような気がする。フラッシュでシワを飛ばすようなチューニングなのか?ともかく、きれいに撮れるのは間違いない。

次に「スマホ転送機能」。

EXILIM Connect

自分のスマホに専用アプリ「EXILIM Connect」をインストールすることによって、転送できるようになる。

「iOS」・「Android」ともに対応しているので、安心できる。しかも、このアプリをインストールすると「スマホでシャッターを切る」こともできるようになる。

3脚などを使った撮影時にも、便利な機能なので見逃せない。

このように素晴らしい機能が満載。「EXILIM Connect」も今までの連携アプリの中では、かなり使いやすい。

最後に、「自撮り機能」。

下記写真が通常の時。

通常の時

モニターを逆側にも向ける仕様になっており、また「シャッターボタン」が前面にあるので自撮りの時不自然な手にならずに済む。

モニターを逆側に向けてみた。

モニターを逆側

シャッターボタンが前面にある。

シャッターボタンが前面

本当に自撮りを意識した作り。ありそうでなかったような機能が満載なのだ。

その他にも、細かな機能はあるが自分は使うことがないので、調べていない。

他にも、もしかしたら釣り場で便利な機能があるかも。

総合評価は?

実際使っていて、大変満足である。

夜間撮影も、「赤いランプ」で被写体をとらえつつ撮影できる。これはスマホにはない機能だ。

今のところ、雨の中で使ったことはないが、実際の釣り場での撮影だと雨・波のシチュレーションで使うことも少なくない。

この点だけ、考慮が必要ではある。実際、波の中では波から離れ、雨の中で使うことになったら以前の「リコー 防水デジタルカメラ WG-3GPS」の方を出動させるかもしれない。

壊れたら元も子もないので。餅は餅屋ということで、割り切りますかね。

そんなこんなで、目からうろこの釣りデジタルカメラでした。

あと、釣行時の傷も気になるので、別でカメラケースも購入。

Digio2 デジタルカメラケース EVA セミハード

購入したカメラケースは、純正ではないですがサイズピッタリなものを探し出すことができました。
「Digio2 デジタルカメラケース EVA セミハード Sサイズ 」

サイズピッタリ

セミハードなので、ある程度安心して持ち運ぶことができます。カラビナもあってライジャケに装着可能です。

値段も安め、機能も豊富、スマホ連携できる!釣り以外でも便利!ってことなので、みなさんお勧めですよ!


このカテゴリ記事一覧を見る
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/06/07



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo