特徴はレザーテール。「シマノ バチペンシル・バチミノー」
menu


このカテゴリ記事一覧を見る

特徴はレザーテール。「シマノ バチペンシル・バチミノー」


特徴はレザーテール。「シマノ バチペンシル・バチミノー」
投稿日付:2006-03-05 21:55:32

今回のインプレッションは、「シマノ バチペンシル・バチミノー」です。

バチミノー

そろそろ、本格的にバチ抜けシーズンに突入します。皆さんバチ抜け対策ルアーはお持ちでしょうか?

代表格で有名なのは、「ニョロニョロ」などがありますが、シチュレーションなどによっては爆発的な釣果を出してくれるのがこの「シマノ バチペンシル・バチミノー」です。自分も長年愛用しているルアーの一つでもあります。

  • バチミノーの特徴

なんといっても最大の特徴は、「レザーテール」にあります。全長の約半分は、テールになります。このテールが水面で絶妙な動きをしてくれるので、まさしく「バチ」そのものを演出してくれます。自分も最初は、「変なルアーだな」って思っていましたが一度使ってみたら、「すごいルアーだ」って印象にすぐに変わりました。こんなルアー他にないもんね。

レザーテールは最大の特徴

  • バチミノー・ペンシルの種類

バチミノーには、多くの種類色があり状況に応じて使い分けることができます。一番大きいタイプで全長30センチ!、自分が強く使うのはボディーが9センチで全長17センチのタイプです。「チビバチミノー 」・「バチペンシル&バチミノー」にはシンキング・フローティングの2種類もあるので、さらにレンジを合わせることも可能です。
ミノーとペンシルでは、ヘッドの形状が違います。

ミノーとペンシル

●チビバチミノー
●バチペンシル&バチミノー
●デカバチミノー
●デカデカバチペンシル&デカデカバチミノー

  • バチミノーの使い方

投げてただ巻きで基本的には釣れます。バチミノーは、引き波を立てられる形状になっているので、バチミノーの時は積極的に引き波を立てる時に使って、ペンシルの時は、よりナチュラルに攻める時に使い分けをしています。

バチミノーは、引き波を立てられる形状

ペンシルの時は、よりナチュラル

あと、バチは流れに流されるのが自然なので、フローティングモデルで流れに任せたまま狙うのも効果的です。フローティングモデルが存在することが、攻め方の幅を広げてくれます。他のバチ抜け対策ルアーにはないところですね。

  • 最後に

どうですか?あまり有名ではないですが、「シマノ バチペンシル・バチミノー」結構いい仕事してくれます。バチ抜け時に色々ルアーを使っていますが、自分の場合は、「シマノ バチペンシル・バチミノー」を使うと比較的大きい魚が釣れる傾向にあります。バチ抜け時に90オーバーを釣った時も、このルアーでした。お勧めのカラーは「クリアレッド」。一番反応がいいです。残念なのは、入手が困難なルアーってこと。


このカテゴリ記事一覧を見る
----こちらの記事もどうぞ!----
トップに戻る

サイト新着釣りコンテンツ

アクセス釣り大会

公開日2018/07/10



よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo