リメイク電気ウキ/トップ部を交換-ヒロミ産業社製→超トビコン・1号負荷 (小物)
menu

 

この記事のコメントを読む(0件)

リメイク電気ウキ/トップ部を交換


 

LINEで送る
 

 

    追伸・・左上部のガラケー携帯電話の充電器4.9Vと右側のテスターで電圧(V)計測→表示は電気ウキの電池(3V)を充電する為に私が以前から自作したので充電中の画像です!!(笑)~他の釣り人が余りしない様な事を数年前に試作したら、ウキ電池も充電可能でした!→このサイトの私の釣具欄の中に他の自作品投稿済み・・・メーカーの釣具類色々な既製品を安価~高級品の釣具を只、購入して投稿自慢では平凡でしょう♪・・・・・・・※釣具紹介すれば釣具メーカーの宣伝料は幾ら貰えるのかなぁ♪(笑)****** ※釣具の去年購入したヒロミ産業社製の遠投用の電気ウキ/超トビコンのトップ部分に割れない様にとケミホタルのチューブをトップ部分に何時も装着していたのだが・・、チューブが下部にずれ下がったままで使用していたのが気づかない為に、トップ部分がチューブより*はみ出して数ミリ削れて先の穴が空いた原因で内部に海水が入り込んでLEDの灯りが点かない状態になって→後日、釣具店にて同じ超トビコンウキ1号を購入して帰宅後に・・・昔から(2005年~自作の遠投ウキのヒロミ産業の泉大津営業所の所長と営業マンに大阪市内南港の毎年2月開催のフィッシングショー大阪で私の自作ウキの元(元祖/高石市の小さな釣具店兄弟で経営・○助釣具店社長が開発したのが、磯釣り用の☆小さな中通しドングリ浮き☆→○助浮き/メバル狙いの①0.3・②0.8号錘負荷の2種類の小さな遠投可能な浮き昼夜利用可能で電気ウキにも可能=(※トップ部分の光源はヒロミ産業社製の当時の※ヒロミナスと言う★電気ウキの電池部分にLEDを装着した手作りウキ用にと販売中→現在は*☆i /アイライト)2種類が販売中で私が※2000年当時に購入してタチウオ狙いで表層のジャコタッチー君に道糸/ラインを2003年頃に切られて沖に流れて紛失→その後、※2005年に試作品を3個後にステンレス棒の軸が遠投すると抜け落ちる為に、新たに2008年に改良して数種類の遠投ウキを自作して完成しました♪→私の地元の某大型釣具店の知り合いのスタッフに作り方を教えて欲しいと言われたが・・企業秘密と断りました(笑) ・・・・そして昔購入して同じヒロミ産業社製の手作りウキの電気ウキ交換用の〔※トップウキⅡ〕を利用してリサイクル・リメイクして今回は同じ新品よりトップ部分が長くないなる為に下部に糸錘を数回巻いて収縮チューブで固定で完成しました。(笑)皆さんの中でも一部の方は俺も多少は器用だから自作される方も居られるでしょうから・・教えて欲しいとリサイク/ルリメイクしたいならコメント下さいね!→私の他のブログで辛辣コメントに対して→上から目線で他の釣り人を馬鹿にしているだけと言うコメントも他の某ブログで返信コメントでしたが、だがその方は普通の釣具メーカーの既製品使用して釣行の平凡なブログ内容文章ですね~只の妬みでしょう!!=己の技をもっと上の技を極めろ修業しなさいと楽して簡単な手抜き幼魚から成魚迄釣れれば(プロって・・釣り番組の~スポンサー有りが万人向けの誰でも出来る技!?(笑でしょう!)/漁師も含む〔日本含むアジア諸国の人口世界一の国等の乱獲〕営利優先で必至)何でも良い釣果が自慢では生態系が乱れて魚数が減少原因なのです・・・・・皆さんの様に釣具メーカーの既製品の釣具を購入して只、平凡に釣るだけ*釣れれば何でも良いレベル平凡=面白くないと私の器用と色々な釣具や手芸・少し料理も・・趣味です。) 釣れない当たり無しと言う釣り人に私の磯釣りの基本釣法=※和歌山県有田市発祥の磯釣り名人が編み出した釣法=三味線釣法→竿を殆んど振らずに*ラインを張り0/ゼロポイントで張らず緩めず~聴きあわせて魚とのやり取りし、指先で針を吸い込んだ瞬間を指先で感じとり合わせて・・更に難技の極めると私の名人師匠(編み出した釣法が有言実行=宣言外掛け針位置釣果釣法なのだ!!・・・)直伝→魚の当たり発生した時点でリールを巻いているのに時に※針位置を有言実行=宣言して針位置を言い当てる~高等技術/テクニック!!→①上顎下顎ギリギリ針位置釣果が釣った!!②針を飲ませて鰓/エラの針位置では・・釣れたと表現します。針を飲ませて鰓/エラの針位置での釣果では下手くそと釣れたと表現するのだ!!と厳しく指導の私の師匠でしたけどね・・・大半の皆さんは魚釣りでも趣味の遊びの魚釣り=★釣れれば何でも良い凡人釣り人でしょう失礼ながら本音→地元の釣り人の皆さんに話すと本当にそうですね~こだわりなどはしない方が多いですね(笑)だから、テンヤ・ルアーや近年はワインド釣法等の大きな針や複数針使用して例えば、(私の得意はタチウオのウキ釣りですが、三味線釣法=和歌山県有田市の磯釣り名人が編み出した釣法◎磯釣りの基本釣法なので他の魚類も1本針仕掛けで※当たり発生して合わせてリールを巻いている時点で有言実行(しかし、私の師匠名人は仕掛けを投げる前から宣言していましたが、私には簡単に真似は出来ない超難技です!!)~◎宣言して外掛け針位置にして釣り上げる連続可能な名人と言われたローカルですが地元で有名人の釣り師 !!)・・・・・・・・・・★最近はルアー等の邪道な大きな複数針で外掛け針位置釣果が自慢は大笑い=老若男女に誰でも簡単釣果が人気ですね!?・・釣り歴3年も5年以上の経験者が何故にもっと上の極めた技を習得出来ないのか嫌、私等の様な極めた技の釣り師の師匠先生が存在しないので平々凡々で満足・・奥深い釣り技を習得修業にチャレンジして下さいね!・・・・・・・ 他人が余り真似出来ない技でチャレンジ何故出来ないの!?・・・釣れれば何でも良い凡人釣り人が魚を減少させて生態系を乱している原因でしょう!!※解らないのかね情けないなぁ。 ゴメンねゴメンね=本音!!

この記事が気に入ったら。
いいね!しよう






まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
アウトドア&フィッシング ナチュラム
トップに戻る

よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo