Berkley Super FireLine-ピュア・フィッシング・ジャパン(ライン)
menu

 
    :常連アングラー
    投稿:104回
    2015/05/01

この記事のコメントを読む(0件)

Berkley Super FireLine


 

LINEで送る
 

 

    コーティング系PEライン。 実釣100くらいで使用感がはっきりしたので再投稿。 利点としては、開封後すぐはかなり硬いのでたるみが発生しずらくて巻き取り時にピンッと張っていてくれる事でしょうか。 下手くそだった時はキャスト時にダマになる原因だったたるみが改善されたので結構たすけられました。 コーティング系だけあって磨耗にも中々強いです。 しかし、何度も釣行を繰り返すうちにデメリットもはっきりわかって来ました。 未使用のコーティングバリバリ状態だととても強い黄色をしていますが、使用していると割とすぐ色が落ちている事に気がつきます。 この剥がれた状態の部分は、ただ糸の強度テストしてみても然程劣化してはいないのですが、結束部分の強度テストをすると信じられない程ブチブチ切れてしまいます。 それどころかノットを組む時ですら切れます。 よって、剥げ部分は使用不能と断じ、コーティングが残っているところまで糸を切って使用する必要があります。 私の場合、これに気がついてからは一度使ったら先端から3m切ってから次に使うようにしていましたが、これでも間に合わず、高ギレが多発しました。 どんどん切っていくとすぐに長さが足りなくなってしまうので買い直しになってしまうのでコスパはかなり悪いと言えます。 無理して使ってもルアー損失で馬鹿を見るだけです。 まとめると、 新品の使用感はかなりいいです。 けどすぐ使えなくなってしまい、余計にお金が掛かります。 短時間使い切って即捨てるつもりならいいと思います。 何度も釣行を繰り返す人にはオススメ出来ません。

この記事が気に入ったら。
いいね!しよう






まだ、この記事にはコメントがありません。
最初のコメントを書いてみませんか♪
トップに戻る

よくあるお問い合わせ(FAQ) お問い合わせ(スマホ用)
「フィッシングラボ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
掲載の釣り情報・掲載記事・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Powered by 即戦力釣り情報Fishing-Labo